トップ > お知らせ

経営哲学

「日本の精神を大切にする」

 日本を世界から称賛される国にしたい。それには、世界から称賛された根幹の「日本精神」の復活が必要です。

  よく訪れる台湾で、「日本精神とは何ぞや」と台湾の方に聞きましたら、日本人は「正直で、勤勉で、約束を守る、なおかつ私事より公を優先する」と答えが返ってきます。
 その日本の根幹が、台湾にきちんと残されているのです。
 海外に根付く日本人、本来のたましい 、これぞ、本来の日本人の心構えそのものなのです。 

  何故、台湾に日本精神が残っているかというと、昭和二十年の敗戦までの約半世紀、台湾は日本領でした。欧米諸国でいえば「植民地」。ところが当時の日本国の施策・対応は偉かったのです。
 日本の国家予算を投入し、当時の日本のエース級の人材がおもむいて、医療、農業、教育、道徳などを教え、新たな”国づくり”に尽力したのです。 後藤新平、乃木希典のぎまれすけ、児玉源太郎、新渡戸稲造にとべいなぞう八田與一はったよいち等、素晴らしい人達・・・・・。そういう人達が”国づくり”に貢献しました。だから今でも台湾には、うるわしい日本精神が脈々と息づいているのです。

 私たちが今、心掛けるべきなのは、この日本において、本来の日本精神を取り戻すことです。それは、自己中心ではなく他者中心の生き方です。前述の日本精神の「正直、勤勉、約束を守る」それに「自分のことより公を優先する」精神でやっていけば日本精神の復活は間違いない可能だと思います。

 私のできることとして、一泊二日の無償の体験研修の「タニサケ塾」を19年前から毎月開催しています。中小企業の経営者を対象に「経営と人生」を学んでもらいたいという思いで始め、現在230回を越えています。受講された経営者が自社で働く仲間に日本精神を伝え、元気を与えて、尊敬される日本人、社員への「おもいやり」ある経営者になって欲しいとの願いでもあります。